石草流いけばな( せきそうりゅういけばな )は、ホテルオークラ東京創業以来、その玄関やロビーなど全館に生花を施し、世界の国賓をお迎えして参りました。「石」 は永遠に姿を変えず、 「草」 は時々刻々と姿を変える、その陰陽の対照と調和に、山野の貴い美しさを写しとる事を趣旨とします。生きる芸術として花をいける全過程をお見せしており、多くのお客様に愛されて参りました。現在はアマン東京などご要望により多くの場所を飾らせて頂いております。

Ever since Hotel Okura Tokyo opened in 1962, we’ve been offering Japanese traditional beauty and hospitality through flowers to illustrious visitors from all over the world. Sekiso means Stone and Plant Style in direct translation. Stone represents permanence and Plant embodies fragility. We seek to express beauty of changing seasons with highlighting contrast and harmony of those two. We demonstrate the whole process of arrangement as a part of our art. And the guests of Okura kindly call it living art and have appreciated it. Now we decorate Aman Tokyo and other venues as we are requested.

このページでは「万葉の花 flower story」と題して、毎月、万葉集に記された植物をとりあげ、万葉人はこれらをどう観察し、また、生活・文化・死生観・男女の恋愛や家族の絆など、にいかに結びつけていたかを読み解いて参ります。

On "flower story" webpage, we pick simbolic flowers of the month and introduce how they appear in an ancient anthology of Japanese poems, 'Manyo shu' (Collection of Ten Thousand Leaves). It could tell our unique way of appreciation of flowers throughout 1400 years of history. As Kakuzo Okakura wrote in The Book Of Tea, ”In joy or sadness, flowers are our constant friends. We eat, drink, sing, dance, and flirt with them. We wed and christen with flowers. We dare not die without them.”

(stories in Japanese only)

写真 photo

稽古場 class

稽古場 石草流いけばな
住 所 東京都 渋谷区千駄ケ谷2−8−17
最寄り駅
最寄り 北参道、外苑前、JR千駄ヶ谷・原宿
Ron Herman千駄ヶ谷店の裏手、十字路角の黒い土壁の建物になります。
電話番号 03-6677-2312
営業時間
ランチタイム
ラストオーダー
定休日
クレジットカード
禁煙席
駐車場
平均予算 -
設備・サービス
連絡先 03-6677-2312
office@sekiso-ikebana.tokyo
まずは この下のお問い合わせフォーム、またはお電話にてご連絡をくださいませ。
日時および詳細についてお知らせいたします。

お問い合わせ mail