万葉の花 flower story

2019 / 06 / 30  17:51

「柿本人麻呂 七夕」巻十 2040(7月ほおずき)

 牽牛(ひこぼし)と 織女(たなばたつめ)と 今夜逢ふ

 天の河門(かわと)に 波立つな ゆめ

  柿本朝臣人麻呂(巻十 2040)

<訳>

牽牛星と織女星がやっと逢える七夕の今宵、天の川の渡し場に、どうか波など立ててくださいますな。

(せっかくの逢瀬がかなわなくなってしまいますから。)

<背景>

七月七日の夜、いつもは天の川を中心にして隔たっている牽牛星と織女星が年一回だけ会えるという中国伝来の故事にちなむこの日、宮廷では華やかに雅会が催された。

七夕歌は天武持統朝から盛んに宴席で作られるようになったとみられ、

万葉集には132首もの七夕歌がある。

柿本人麻呂

生没年、経歴は未詳。大化元(645)年前後の生まれらしい。

天武朝から持統文武朝にかけて活躍した宮廷歌人。古代豪族和邇氏から出た粟田・小野氏らとの同族。

出身地は天理市櫟本(いちのもと)町。

天武天皇十三(684)年、臣(おみ)姓より、朝臣姓を賜る。

声の歌の要素の大きい初期の万葉から、文字に書かれる歌へと転換期にあって、抒情的な歌を多く作っている。

古来、和歌の神として尊崇され、

大伴家持は倭歌の学びの道を「山柿之門」(万葉集巻十七)と称し、

紀貫之は「うたのひじり」(古今集仮名序)と呼び、

藤原俊成は時代を超越した「歌聖」(古代風躰集)として仰いだ。

 柿本人麻呂(狩野探幽『三十六歌仙額』).jpg

(狩野探幽『三十六歌仙額』柿本人麻呂)

2019 / 06 / 30  17:30

「七夕」(7月ほおずき)

「七夕」(ナヌカノヨ、シチセキ、シッセキ、タナバタ)

中国に古くから伝わる天上界のお星様のお祭り。

一年に一席旧暦七月七日の夜、織女星(琴座ヴェガ)が銀河を渡って牽牛星(鷲座アルタイル)に逢いに来るという七夕伝説と、織女星を祭って裁縫や書道などの技芸の上達を願う「乞巧奠(きこうでん)」の行事が一緒になったもの。

この風習は奈良時代(5〜6世紀頃)に機織の技術を伝えた渡来人によって日本にもたらされた。

さらに日本固有の一年に一度、神に捧げるための衣を乙女が織って豊作を祈る「棚機女(たなばたつめ)」の信仰と、牽牛織女の逢瀬を願う風習が重なりあって「七夕」が「たなばた」と呼ばれるようになった。

(歌川広重 名所江戸八景「市中繁栄七夕祭」).jpg(歌川広重 名所江戸八景「市中繁栄七夕祭」)

161104164537-581c3ca182a1d.png

石草流 七夕のしつらい(写真をクリックで拡大表示できます。)

⇨ 石草流のほかの写真はこちら 

2019 / 06 / 28  17:32

「文月」「ほおずき」(7月ほおずき)

「文月」(ふづき、ふみづき)

旧暦七月の別称。七夕に詩歌の文(ふみ)を供えるところから、文披(ふみひろげ)月が略された。

また、稲の穂が実る頃の月を意味する含月(ふふみづき)あるいは、穂見月(ほみつき)ともいう。

他に七夜月、涼月(すずみつき)、親月(ふづき)とも呼ばれる。

英語のJulyは、ジュリアス・シーザーの生まれ月にちなんでつけられたもの。

ジュリアス・シーザーは、エジプトの太陽暦をもとにユリウス暦を制定したローマの武将政治家。

 

「ほおずき」(鬼灯。ナス科の多年生草)

七月の花。文月に咲くのでふうづきからほうづきとなった。

杯形をした小さな花(黄緑白色)を咲かせる。

熱さまし、咳止め、利尿薬に使用。

実は種を除いて子供が口に入れて吹き鳴らして遊ぶ玩具。

西洋ではwinter cherryといい、妖精がランプ代わりにするという(鬼灯)。

『古事記』に八岐大蛇の目を形容してアカガチという表記がある。

江戸時代には七夕の供物にし、お盆の草市にも売られた。

七月十日にほうずき市に参詣すれば四万六千日参詣したのと同じ功徳があるという最良の結縁日。

四万六千日(127年)は人間の最高寿命を指し、一生無病息災で過ごせいると言われる。

お米の一升は四万六千粒。江戸中期享保の頃より始まる風習。

 (国立国会図書館デジタルアーカイブより 嵩岳『生写四十八鷹』黒つぐみ ほうづき).jpg

(国立国会図書館デジタルアーカイブより 嵩岳『生写四十八鷹』黒つぐみ ほうづき)

1