万葉の花 flower story

2019 / 09 / 02  21:46

「山上臣憶良 七草花」巻八 1537, 1538 (9月 七草花)

山上臣憶良秋野花を詠める二首

其一 秋の野に 咲きたる花を 指(をよび)折りて

   かき数ふれば 七首の花

其二 はぎが花 尾花くず花 なでしこの花

   をみなへし またふぢばかま 朝顔の花

  山上臣憶良(巻八 1537, 1538)

 

<訳>

秋の野に咲いている花、その花を、いいかい、こうやって指を折って数えてみると、

七種の花、みててごらん、七首の花があるんだぞ。(其の一)

一つ 萩の花、うん、二つ 尾花(芒)、三つ 葛花、そうそう、四つ なでしこ、そうそう、五つ おみなえし、

まだあるぞ、六つ 藤袴、七つ 朝顔(桔梗)。うん、そうだよ、これが秋の七種の花なんだよ(其の二)

 

<背景> 

憶良が二首あわせて、秋の七種を子供相手に指折り数えている歌。

秋の七種の花を数えた最初の歌として名高い歌。

元来この七草の花は日本全体に分布しており、至る所で秋を彩っている。

片手(右手)を高々と掲げ、子供にむけて数えてみせる行為が想起される。

五つを数えきって右手は拳に握られている。次を数えるために左手を揚げ、

「またふぢばかま」と左手も親指から握っていって、

七草を数えきる動作がよみこまれている微笑ましい歌。

 

◯「七」:神秘で神聖な数字。多数、多産、多作を意味する。

◯「また」:漢籍からきた用法で、特に仏名をならべる漢訳仏典に多く、記紀にも例がある。 

 

七草の原点は、古代日本の「若菜摘み」という風習(年初に雪の間から芽を出した草を摘む)とされる。

しかし、現在の七草粥の風習は、

中国の「七種菜羹」という習慣(旧暦一月七日「人日」に7種類の野菜入りの羹を食べて無病を祈る)が

日本文化・日本の植生と習合して生まれ、形だけが残っているため、七草、七種、など元々の意味がわからなくなっている。

 

元々の「七草」は秋の七草を指し、山上憶良が詠んだ歌に由来するといわれる。

秋の七草では、摘んだり食べたりなど行事として何かをする風習はなく、鑑賞するためのものであり、

花野(秋の野花が咲き乱れる野原)を散策して短歌や俳句を詠むことが古来より行われていた。

 

   

山上憶良(やまのうえのおくら)

 斉明天皇六?(660)年〜天平五?(733)年。奈良時代初期の貴族・歌人。

 39歳で第七次遣唐使の少録に任ぜられ、翌年に唐で儒教や仏教など最新の学問を研鑽したため、

 人間に普遍的な苦悩や歓喜に敏感で、社会的な矛盾への観察眼があった。

 役人の立場にも関わらず、社会的弱者の情感を叙情的に詠んだ歌を多数残した、異色の歌人。

 東宮・首皇子(のち聖武天皇)の侍講を務め、神亀三(726)年頃に筑前守に任ぜられ任国に下向。

 大宰府に着任した大伴旅人と共に「筑紫歌壇」を形成し、

 元号『令和』の原典となった梅の宴でも歌を詠んでいる。

 ( ⇨ 「大伴旅人 梅花の宴」(新元号「令和」について)はこちら )

 

 

201808290085_top_img_A.jpg

(「いくつ知ってる?色とりどりの秋の七草 - ウェザーニュース」weathernews.jp より)

2019 / 09 / 02  18:58

「長月」「お月見」(9月 七草花)

「長月」(ながつき)

旧暦九月の別称。この月は秋の半ば(仲秋)となり、ひんやりとした冷気の訪れを感じさせる季節。

「長月」は、夜が次第に長くなる月=夜長月を略したもの。

稲熟(いなあがり)月、稲刈(いなかり)月、穂長月などが変化したものとする説がある。

英語のSeptemberの、septはsevenの語源であり、ローマ暦では本来は7番目の月のことであった。

ところが、ユリウス暦を制定したジュリアス・シーザーが、7月をJuly(ジュリアスの月)とし、 

帝政ローマ初代皇帝アウグストゥスが、8月をAugustとしたので、

繰り下がって9月になった。

中世フランスでは収穫月、中世イギリスでは大麦月、現代スイスでは収穫月と、各々呼ばれている。

 

「お月見」

陰暦八月十五日(2019年は9月13日金曜日)に、名月を賞する風流な行事。

夏の主役が太陽だとすると、夜がだんだん長くなる秋の主役は月といえる。

観月行事のルーツは、お月さまが欠けては満ちることに因み、

収穫を感謝し、祖先の霊を偲ぶ儀式であった。

そこに、中国の「仲秋節」が結びついていまの風習になった。

中国では旧暦(農暦)八月十五日に、月餅 (げっぺい) や瓜、果物を庭に並べて月に供え、枝豆や鶏頭花を捧げて楽しむ。

いまでも中華圏では、春節、清明節、端午節、と並ぶ重大な行事であり、三大取引決済期の一つとなっている。

 

陰暦での秋は、七月(初秋)、八月(仲秋)、九月(晩秋)。(太陽暦では8月、9月、10月にあたる)

なかでも、八月仲秋(いまの9月)と、九月晩秋(いまの10月)の美しい月の出る日を

以下のように色々な呼び方で余情を楽しんだ。

 八月仲秋

 十四日「待宵」、十五日「十五夜」「仲秋(良夜)の名月」「芋名月」、十六日「十六夜」、

 十七日「立待月」、十八日「居待月」、十九日「臥侍月」、二十日「更待月」

 九月晩秋

 十三日「後見月」「豆名月」「栗名月」「女名月」

 

「十五夜」=仲秋の名月

 陰暦八月十五日夜の月のこと。芋名月ともいわれる。

里芋、さつま芋などの芋を中心に団子、柿、枝豆などの秋の味覚を

芒や秋草とともに供える。

十五夜なので、供え物の数は十五ないし五の数を供える。

「十三夜」=後見月、名残りの月

 陰暦九月十三日夜の月のこと。栗名月、豆名月ともいわれる。

日本独自の風習で中国にはない。

十五夜を祝って、十三夜をいわないことを、「片見月」といって忌み嫌う。

供え物の数は、十三ないし三の数でまとめる。

IMG_4514.JPG

1