万葉の花 flower story

2019 / 04 / 04  15:21

「梅」(新元号「令和」について)

梅 (バラ科サクラ属の落葉高木)

中国中央アジア原産。日本には奈良時代に遣唐使によって持ち帰られた。

「万葉集」では、「うめ」(宇米、有米、鳥米、宇梅、于梅)と表記されるが、

平安時代には「むめ」の形が多い。「梅」という外来語の中国語音meiを

「うめ」「むめ」と日本語音の体系に取り入れて表記したことに基づくため。

中国では、高い香りを発しつつ、操をかえないことから「君子の象徴」とされ、

一重白梅、香気の高いものが第一とされた。

日本にあっても舶来の植物として大陸の雰囲気を漂わせた梅は、食用薬用の実用木と同時に、

鑑賞木として貴族階級や文化人に珍花としてもてはやされた。

梅の寓意は、清らかで清楚なイメージから「君子」の他に、

厳寒をめげず花を咲かせる性質から「節操」「清友」「厳寒の盟」、

総ての花に先駆けて咲くところ「花の魁」「東風第一及」などと呼び、人々に讃えられた。

「万葉集」には萩137首についで梅119首と、桜の40余首に比べて花の中で圧倒的に多い。

当時「梅」といえば雪まがう「白梅」が主で、「紅梅」及び「その香り」が主役になるのは

平安時代になってからである。

IMG_6516.JPG