万葉の花 flower story

2019 / 05 / 01  10:38

「大伴家持 薬猟」巻十七3921(5月かきつばた)

 かきつばた 衣に摺りつけ 丈夫(ますらお)の

 きそい猟(かり)する 月は来にけり

  大伴宿禰家持(巻十七 3921)

東慶寺「日本の工芸シリーズ」 2013年 染司よしおか展 「菖蒲と杜若の色」.jpg

(東慶寺「日本の工芸シリーズ」 2013年 染司よしおか展 「菖蒲と杜若の色」)

<訳>

青紫色の杜若の花摺り衣で着飾った立派な男たちが、夏野を競い合うようにして薬狩りをする華やかな月がやってきたことだなぁ。

<背景>

天平十六(744)年4月5日、独り平城の旧宅において青年であった家持が詠んだ歌。この歌は五月五日の端午の節句にちなむもので、今日の成人式に当たるものと考えられる。また、一人前の男女として儀式的な意味合いをもち、とりわけ恋を成就させることを第一義と考えられていた。家持は華やかな薬狩の日が近づいたのを喜んだのではなく、それをよそにして独り平城の宅にいる淋しさを詠っている。

大伴家持

717(?)〜785年。奈良時代の歌人。三十六歌仙のひとり。大伴旅人の子。越中守(746年6月)をはじめ、中央・地方諸官を歴任。延暦二(783)年中納言。万葉集中歌数最も多く、その編纂者のひとりに擬さられ、繊細で感傷的な歌風は万葉集後期を代表する。