万葉の花 flower story

2019 / 05 / 30  16:33

「紫陽花」(6月あじさい)

ユキノシタ科。日本原産。(手毬花、七変化、七段花ともいう)

幹は叢生、高さ1.5m、葉は広卵形で対生。

初夏に球状の集散花序に4枚の萼片だけが発達した装飾花を多数つける。

色は白色もあるが、青から赤紫へ変化するところから「七変化」ともいう。

ガクアジサイ、ヤマアジサイ(含むアマチャ)、エゾアジサイなどがあり、

ノリウツキ、コアジサイ、タマアジサイもあじさいの仲間。

あじさいの語源は、藍色の花があつまって咲く様子から、

「あづ(集まる)」と「さい(真藍サイ)がつまったもの。

花は解熱剤、葉は瘧(オコリ。おもにマラリアなど)の治療薬となるが、生のままでは毒性が強く、飲食物に添えての使用には注意が必要である。

よく使われる「紫陽花」は中国産の別種のもの。英名ハイドランジア。

シーボルトの『フローラヤポニカ(日本植物誌)』には「オタクサ」として紹介されている。

シーボルトあじさい.jpg

シーボルトの『フローラヤポニカ(日本植物誌)』(京都大学デジタルアーカイブより)