万葉の花 flower story

2019 / 05 / 30  17:19

「持統天皇 更衣」巻一28(6月あじさい)

天皇御歌(スメラミコトノオホミウタ)

春過ぎて 夏来たるらし 白たへの

衣干したり 天の香具山

 持統天皇(巻一28)

2007年「ふみの日」切手「持統天皇」.jpg

(2007年 日本の雅(みやび)を伝えたい ふみの日「百人一首(ひゃくにんいっしゅ)」切手)

<訳>

春が過ぎてもう夏がやってきたらしい。新緑の天香具山の麓には初夏の強い日光に晒された真っ白な衣服が懸かっている。

<解説>

持統天皇

645~703年。大化元年に、天智天皇の第二皇女として生まれる。天武天皇(大海人皇子)の妃で、草壁皇子の母。朱鳥元年(686)天武天皇の崩御に伴い、朱鳥四(690)年に即位し、第41代天皇となる。藤原京を開き遷都。大宝二(702)年二月、58才で崩御。

万葉集のこの歌が後に百人一首に収められ、さらに江戸時代に流行った光琳カルタに描かれた十二単姿のイメージが強い。しかし、持統天皇が生きたのは飛鳥時代であり、装束は形も着方も中国に近かった。肖像画がなかった時代なので、時代考証よりも、雅を象徴する姿が優先され、平安時代に初めて出現する十二単で描かれている。

天皇御歌

藤原宮に天の下知らしめしし天皇の代。持統天皇のこと。

夏来るらし

「来る」は「来+到る」の訳で、くるの意。「らし」は根拠のある推量に使う。夏がやってきたらしい。

白たへ

白い栲(タクまたはタエ。楮コウゾや麻やかじのきの樹皮の繊維で織った布)で製した衣のこと。洗えば洗うほど真っ白に晒される。天の香具山なので、一般人の常用の衣ではなく、夏の神事のための巫女の神聖な斎み衣を指す。

香具山

奈良県磯城郡香具山村(現・奈良県橿原市)。天から降った山だと信じられ、神の依代として神聖視された山。畝傍山、耳成山とともに大和三山と呼ばれる。